セキセイズ(小鳥ひろばにて)

インコを飼おうと思ってる人。

どの種類の子を飼うか、ウンウンうなりながら迷う時間ってとても幸せですよね。

 

 

さて、そんな幸せタイムに水を差すようですが、インコを飼う前に気をつけるべきことがあります。

適当な気持ちで飼えば後悔することになるかもしれません。

 

これから始まる鳥さんとの幸せライフのはずが

 

「こんなはずじゃなかった」

「愛情が沸かなくなった」

「誰かに引き取ってほしい」

 

こうなってしまっては最悪です。

鳥もそうですが、手放す側だって良い気持ちではないでしょうから。

 

そうなってしまわないためにも、インコを飼う前に気をつけておくべきポイントをまとめました。

逆に、気をつけるべきポイントを抑えれば、インコを迎えて幸せライフに突入する準備は万端です。

 

インコを飼う前にしっかり読んで、インコを飼うべきか考えてみてくださいね。

 

[toc]

 

◆1:インコを飼うデメリットを許せるかちゃんと考えてみる

ラブバード

 

インコは飼いやすいと世間では言われています。

確かに、ワンちゃんが○十万で売ってる中、セキセイインコは3000円ぐらいで飼えます。

エサ代もほかの動物に比べると圧倒的に安いので維持費もそうかかりません。

ほら、飼いやすい。

 

いやいや違うから!!

 

インコマニアの人は相当頭がアレなので

「インコめっちゃ楽だし飼いやすいから、飼っちゃいNA!」

なんてことをラフに言ってくるかもしれませんが、インコ初心者の目線に立てば、やはり

生命を新たにお迎えする

という負担は少なからずあるわけです。

 

まず、インコマニアの言動を見て

「あ、私とちょっと違うな」

と思ったら、いったん立ち止まって冷静に考え直してみてくださいね。

インコマニアと一般人のギャップを3つ紹介するので、自分とギャップがあるかどうか確認してください。

 

・インコを飼う人の常識と、一般人の誤解その1:インコは頭が良い

チャリに乗るオウム

インコは頭が良いといわれてます。

だから、一人寂しい暮らしをしてる人は、

「コミュニケーションも取れて楽しいだろうなあ・・・」

なんて夢をふくらませます。

 

でもチョット待ってください。

 

頭いいっていうのは、「奴隷のように言うこと聞いてくれまっせ」ってコトじゃないんです。

 

頭がいいからこそ逆にムカつく

こともあるかもしれません。

 

たとえばこういうケース。(以下、茶番を書きます)

 

―おはなし ココカラ―

あなたが一人暮らしだとして、毎朝せっせと世話をして、仕事に出かけているとします。

おうちに帰って、早くインコちゃんの顔がみたいあなた。

けど、今日の帰りは残業もあってチョット遅くなっちゃいました。

 

しかもあなたは明日、朝4時おきで仕事にいくので、早く寝なければいけません。

眠い・・・ でも、今日はインコがずーっとおうちでお留守番をしてました。

 

「眠いけど、少しでもカゴから出して遊んであげなきゃかわいそうだな」

 

あなたはそう思って家に帰ってからインコちゃんのかごのトビラを開けました。

なんて優しい飼い主。

 

しかし当のインコさんは、カゴから出ません。

カゴでじーっとしてます。心なしかにらんでます。

 

「あれ?おかしいなあ。おいでー?」

手を差し伸べます

 

ガブッ!!!

 

「はうあ!!」

夜中に指先から鮮血を噴出。そして叫びだすあなた。ドン引きです。

 

「明日はやいんだって!!早く出て来いよ!!チョット遊んでやるから出て来いよ!!」

 

これにはインコも黙ってません。

「ギャッギャギャギャギャギャギャギャ!!(意訳:うるっせえよ俺今寝てただろ見てわかんねえのか!? 都合良いときだけ相手しもらえると思うなよカス野郎)」

―茶番 ココマデ―

 

 

みたいなことがあるわけです。ハムスターみたいに無理やりカゴから引っ張り出すなんてとても出来ません。マジギレしますから。

 

インコマニアなら

「あらぁ、出てこないの?かわいいね♪」

みたいなナゾ理論(もはやインコが何しててもかわいいしか言わない)で納得するのでストレスになりません。

 

もしあなたが今のエピソードで「イラッ」ときたなら、インコを飼う前に考え直してください。

日常的にこういうことはありますから。

 

ああ!!

 

 

・・・うなちゃん!!

 

 

よじよじ

 

またそんなところ登って!!ホコリだらけで汚いでしょ!!

 

 

こんなことばかりです。

 

 

・インコを飼う人の常識と、一般人の誤解その2:鳥は清潔だから臭くない

お掃除キット

確かにインコからは良いにおいがします。

糞からも臭いはあまりしないし清潔だといえるでしょう。

なので画像のような洗剤は要りません(むしろかけると死ぬので薬品類は防虫剤や香料、化粧品含めて厳重注意してください)

 

・・・が、フンはフンですから。

ヤツら、消化がよろしいのでところかまわずプリプリゴーイングマイウェイです。

 

世の中すべてが便所みたいなもんです。

 

あなたが買ってきたばかりのおしゃれ着の上にも、もれなく水分マシマシでプレゼントです。

これにはあなたも大ダメージ。

 

「もう、服が汚れちゃうからカゴの外に出してあげられない」

 

などといってずっとカゴに閉じ込められたままのインコ。

出してほしいから「だせよ!!だせええ!!」と大音量でわめくインコ。

うるさあい!!と怒鳴りあいになる。

インコはストレスでハゲる・・・

 

こんなの、誰も幸せじゃないですよね?

 

インコマニアなら

「あらぁ♪良い色のうんこちゃんが出たね♪」

とかいって友達にウンコ見せて自慢したりするレベルです。

 

どうでしょう。

 

「あ、私とちょっと人種違うカモ」

 

って思ったら、ちょっと考え直してくださいね。

 

私がこの記事を書いてる間にもウチの連中はプリプリ部屋中にまき散らしてますから。

 

 

・インコを飼う人の常識と、一般人の誤解その3:長生きだからいつまでも一緒にいられる

年寄り

いつまでも一緒にいられるので、長生きするインコちゃんはやっぱり魅力的です。

 

・・・しかし!!

 

10年20年生きる鳥さんを気軽に飼っちゃって大丈夫ですか!?

人生の何分の一かを鳥さんにささげるようなもんですよ?

 

あなたが20代なら30代になってもまだピーチクパーチク鳴いてるわけですよ。

 

  • 恋人や結婚相手は鳥OKの人ですか?
  • あなたは転職しても鳥さんに合わせられますか?
  • 引越し先は鳥飼ってても大丈夫ですか?
  • 旅行はほとんどいけなくなってもいいですか?

 

ほかにもいろいろインコがいるばかりに考えなきゃいけないことってたくさんあるんです。

もう少し詳しく話しましょうか。

 

 

恋人や結婚相手は鳥OKの人ですか?

まず、鳥が無理な人って結構多いから恋人の条件が限られます。

顔がイケてて収入やステータスも申し分なし!でも、その恋人、インコが無理なので交際は断念・・・とかもったいないですよね!?

 

その恋人のために数年連れ添ったインコちゃんを捨て去るなんてもっとイヤですよね。

 

こんな辛い選択肢が将来出てくることも覚えておいてください。

 

あなたは転職しても鳥さんに合わせられますか?

夜勤に転職したら、インコは昼間あなたを起こそうと全力で絶叫しますから、ノイローゼ間違いなしです。

 

引越し先は鳥飼ってても大丈夫ですか?

引越し先で鳥の声がうるさくて追い出されることもあります。

 

旅行はほとんどいけなくなってもいいですか?

旅行はまずあきらめてください。鳥はえさを二日抜くだけで死にます。

1日抜いたら体調不良。

そして、鳥さんは体調不良になったら死ぬ可能性がかなり高い。

 

つまり、1日でも餌を抜くと死ぬ可能性があります。消化が早く体に栄養溜め込まないため、常に食べなければいけないからです

 

生き物を飼うってやっぱり大変なことなんです。

 

 

◆2:インコを飼う準備はできるか?

コガネメキシコインコ

インコってどんな環境でも暮らせるわけじゃありません。

気をつけるべきことがたくさんあります。

 

・飼っても良い環境か?

外に鳴き声が漏れない家じゃないと、まず飼えません。

家族で住んでるなら、家族もインコに理解がある人じゃないと飼えません。

インコに詳しい病院に行ける環境がないと飼えません。また病院にいく経済力や時間も必要です。(病気になったら本当にすぐ死にます)

 

 

・インコのことを勉強できるか?

インコは適当に飼うだけだとある日ぽっくり死ぬかもしれません。

あるいはあなたになつかないこともあります。

 

インコとうまくコミュニケーションが取れないとき、基本的に鳥じゃなくあなたに問題があると考えるべきです。

 

なぜなら、人間様には環境を変える余地がありますが、インコはただ与えられた環境にホンロウされるだけの立場だからです。

あなたが変われないとインコも変われません。

 

つまりあなたが変わるために、インコについて詳しくならないといけないのです。

 

  • 問題行動への対策
  • コミュニケーションのとり方
  • 鳥さんとの遊び方
  • 鳥さんの健康判断
  • 鳥さんの食事
  • 寒さ・暑さ対策

いくらでも勉強することはあります。

 

ちなみに、鳥の生態や医学は未だにそこまで進歩してません。チョット前まで鳥はアホだと思われてましたからね。実際は人間の赤ちゃんなみの知能があり、鳥の個体同士でコミュニケーションが取れて、感情も豊かで、社会性があり頭が良いことがわかるようになってきました。

 

とりあえずカゴとエサがあれば生きていけるんだろ、死んだらそいつの運命だよ

という考えをするぐらいなら、

 

「なんでそもそもインコ飼ったの?」

となるわけで。

 

鳥さんを受け入れる体制が出来てないのなら、そもそも鳥を飼うメリットがありません。

手間を惜しむなら飼わない方が楽です。

 

鳥かごを置くスペースがなくなるので自分の居住スペースが広まります。

しかも毎日餌も変える必要がなく、掃除も必要がない。外出中に鳥がどうなってるか心配する必要もない。

 

ハッキリ言って超快適です。手間を惜しむならば何も飼わない生活、ぜひ継続してください。この上ない快適さを保証します。

 

 

◆3:インターネットの情報にだまされるな!

インターネット

 

・・・

 

ってこの記事もインターネットやんけ!!

 

というツッコミは置いといて

インターネット上を調べるとインコに関してはろくな情報がありません。

 

 

たとえば

「インコ 飼いやすさ」

とかでググるわけですな。

 

 

そうするとこういったサイトが出てきます。

さっそく内容を見てみましょう。

 

10位 コンゴウインコ

 

コンゴウインコ!?

コンゴウインコ

 

飼える!?

 

こんなの飼ってるヤツ見たことねえぞ!? 南国にでも住んでんの!?

 

備考:インコの中では最大種で、一般家庭や集合住宅で飼うのはほぼ不可能です。

 

あかんやん!!飼いやすくないやん!!

 

とツッコミを入れたくなるようなランキングが当たり前のようにグーグルのトップに出てきます。

 

だいたい、飼いやすいインコランキングなら

「コザクラインコいるならボタンも入れろよ」

とか

「なんでシロハラインコとウロコインコがいねーんだよ!」

「キバタンとか白色オウムどこいったんだよ!!」

とかいろいろ突っ込みどころがあるわけですよ。

 

セキセイの項目では

多くの方が、一度は「動物と会話をしてみたい!」と思ったことがあるかもしれません。

それを叶えてくれるのが、このセキセイインコです。

とか言い切っちゃってますからね。

 

セキセイ、しゃべらない子もたくさんいますよ。

 

ほら、私たち日本人もがんばって勉強したら英語しゃべれるようになるじゃないですか。

でも、外国に友達がいないし別に海外旅行もそんなにいかないし、そもそも興味ないから私たちの多くは英語なんて覚えないんですよ。

それとおなじ。

 

インコも日本語に興味なかったらどれだけ頭良くたって覚えませんから。

 

 

セキセイをしゃべらせる目的で飼って

「こいつしゃべんねーぞ!」

みたいなクレーム、未だにくるみたいですよ、ペットショップには。

 

だから、喋る気が無いだけだってば。

 

 

まあそんなわけで、インコのことをネットで調べるのは良くありません。

ちなみに、インターネットでグーグルで検索したときに上に出る情報は二種類あります。

  • 知恵袋とか2chで発言してる一般人の声を取り上げたサイト
  • お金をもらって仕事として文章を書いてるサイト

この二つです。

まず、一般人の声は注意が必要です。

 

この記事の前半で説明した「インコマニア」。うんこちゃんが手についたら喜ぶあの連中です。

彼らの情報はときに、鳥さんが好きすぎて冷静さを失った情報を発信する場合があります。

言ってみれば必ずしも客観的な情報ではありません。

 

「こういう人もいるのか」

と参考程度にとどめましょう。

 

 

そして、お金をもらって仕事として文章を書いてるサイトは、クオリティが高ければそれでもいいのですが・・・

インコのことをろくに知りもしないで適当に書いてるサイトもあります。

そういうサイトにはコンゴウインコが “飼いやすいインコトップ10” にランクインしたりするので、注意しましょう。

 

じゃあ、このサイト、HIYASUKEはどうなのか?

といえば、やはり客観的な情報ではないので注意が必要です。

鳥のお医者さんやペットショップに相談したり、本でしっかり勉強しましょう。

ことさら命のことに関しては、なんでも手軽にインターネットでタダで情報手に入れてたら、必ずどこかで痛い思いしますから。

 

 

 

◆まとめ

インコを飼うのも大変なんだよってことがわかっていただければ幸いです。

10年ぐらい、あるいはそれ以上お付き合いする小さな魂ですから、せっかくお出迎えするなら幸せにしてあげたいですよね。

 

インコを幸せにすることが自分の幸せに直結するような人じゃないと、インコ(というよりペット)を飼うのには正直向いてないでしょう。

 

「かわいいものを飼ってる私かわいい」

みたいなアクセサリー感覚でペットを飼うのはおすすめしません。

 

これは偽善でもなんでもなく、もっと自己的に考えても

「かわいいものを飼って、でも飽きちゃったから手放した私、かわいくない」

でしょ?

 

 

この記事の内容をあたまの片隅に入れて

「評判の良いペットショップで相談に乗ってもらう」

自分の生活環境に近い人でインコを飼ってる人に相談する」

ということが重要です。

 

 

きみそとうな 眠い

とは言っても、やっぱりなんだかんだ言って可愛いんですけどね。

黄色いのがセキセイの「きみそ」 しゃべります。

アタマをおったててるのが「うなちゃん」 カムヒーヤ!って叫びます。なんで英語なんだろう。

 

ご意見あればTwitterかブログコメントにどうぞ

Twitter:@unachan0430

 

 

 

 

 

ぼのもの

うなぎを愛している生き物

二羽のインコをかってます。

自衛隊,バンドマン,ニート,などの経験を経て、今やゲーム廃人